固定スペース

熱中症とは?

◎熱中症とは

 高温多湿な環境下において、体内の水分及び塩分のバランスが崩れたり、体内の調節機能が破綻して発症します。

◎症状

 頭痛や倦怠感など症状が出ているのに熱中症と気づかず、対処しないままで重症になるケースが目立ちます。

◎高齢者の熱中症を防ぐポイント  

 ・温度計などで室内環境をチェックする

 (目で見てわかるように湿度付きの温度計を設置してください。

  室温28度、湿度70%を超えないようにエアコンをつけてください)

 ・のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を取る

 ・節約はほどほどに。エアコンや扇風機を活用する 

 (エアコンと扇風機を併用すると、冷気を循環させる効果もあり、

  温度設定を高めにしても涼しく感じる。電気代がかかると思いがちだが

  扇風機と併用してエアコンの温度設定を1,2度上げたほうが節約になる)

 ◎全年齢層における熱中症対策

 @ 帽子をかぶり、風通しよく涼しい服装を心がけましょう

 A 炎天下での激しい運動は避けましょう

 B 汗で失われた塩分と水分を早い段階から補給しましょう

 C 寝不足など体調不良の時は運動を避けましょう

 D 車内に赤ちゃんを置き去りにしないで下さい

 E ベビーカーは地面からの照り返しが暑いので気を付けてください