固定スペース

超音波検査について

エコー(超音波)検査とは

 人の可聴域を超えた高い周波数を用い、人体内部組織臓器をモニター上に表示し、形態の異常、病変の有無を判断、評価します。また適時カラードプラ駆使し、血流情報をリアルタイムで得ることもできます。

 対象臓器は心臓、大血管系、腹部(肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、膀胱及び消化管)などです。

 当院はエコー検査で指摘された病態、病変の経時経年的変化もフォローさせていただいております。