固定スペース

心電図

new心電図&動脈硬化.jpg

心電図の機械が新しくなりました。

今までと同じように心電図が撮れる他に同時に動脈硬化の検査もできます。 また、デジタル化されるため、電子カルテに結果を貼りつけることができます。

透視カメラ付レントゲン撮影装置

ホームページ1 透視付レントゲン診断装置.jpg

胸部の病気(肺炎、肺癌、肺結核、心不全など)腹部の病気(腸閉塞など)を診断する検査です。

CR(デジタルレントゲン処理)機

電子レントゲン2.jpg 

従来のものより精密な画像で診断でき、画像処理も短時間でできるため待ち時間が短くなります。
また、保存する際、従来のものの場合はフィルムが劣化してしまうことがありますが、デジタルの場合はそのようなことはありません。
コンピュータのディスプレイを使うことにより特定の部位を拡大、角度や測定なども正確に、簡単にできるようになりました。
さらに他の医療機関への情報提供の際、レントゲン画像をCDに保存して提出することもできます。

 

カラードップラー付き超音波検査

ホームページ1 超音波診断装置.jpg

心臓、肝臓、腎臓、甲状腺などの病気を診断のための装置です。動脈硬化に伴う、頚動脈血栓の診断にも使用します。カラードップラーにより、血液の流れを確認し診断に役立てます。

 超音波検査について

血糖測定器

ホームページ1 血糖測定器.jpg

血糖を測定し、糖尿病の診断、コントロールに役立てます。

パルスオキシメーター

ホームページ1 パルスオキシメーター.jpg

血液中の酸素を測定し、心臓や肺の働きを診断します。

ホルダー心電図

ホームページ1 ホルター心電図.jpg

24時間連続して心電図を記録し、心臓の状態を観察し、不整脈や狭心症 の診断に役立てます。

スパイロメーター

ホームページ1 スパイロメーター.jpg

肺機能の検査で、気管支喘息や肺気腫の診断、経過観察に使用します。

クリニテック50

ホームページ1 検尿測定器.jpg

尿のタンパクや潜血、糖を測定し、腎炎や糖尿病、尿路感染症を診断します。

DCA2000

ホームページ1 ヘモグロビンA1C、尿中微量アルブミン測定器.jpg

ヘモグロビンA1Cを測定し、糖尿病のコントロール状態を診断します。
尿中のタンパクを測定し、高血圧や糖尿病における軽微な腎機能障害を
測定します
 

AED

ホームページ1 003.jpg

不整脈による心臓のケイレンを正常に戻します

酸素供給装置

ホームページ1 酸素供給装置.jpg

患者さんの状態が悪いときなどに酸素を供給するための装置です